主な取り組み

すべての人に安心を

家族を気遣うということは、健康で安全な環境を提供するよう常に気を配るということです。シャングリ・ラでは、ステークホルダーの皆様に、常に最も高い基準で、健康的かつ安全な環境を提供できるよう努めてまります。

食品の安全性を守るための包括的なシステムや衛生基準の採用のみならず、地域の状況や変化に対応したセキュリティおよび安全面での取り組みなど、さまざまな対応を行っています。

防災・生活・安全面は、シャングリ・ラでの最優先事項であり、定期的な監査を通じて管理されております。また、点検はノンコンプライアンスに基づくゼロトレランス方式に準拠しています。 

また、各ホテル及びリゾートではでは労働安全衛生マネジメントシステム(OHSAS 18001)の認証取得を開始しています。これにより、スタッフの労働条件や職場環境への認識をさらに高めてまいります。 

また、以下のホテルでは、すでに労働安全衛生マネジメントシステム(OHSA: 18001)を取得しております。

  • シャングリ・ラ ホテル クアラルンプール(2006年)
  • シャングリ・ラ ホテル シンガポール(2009年)
  • シャングリ・ラ ホテル 青島(2010年)
  • シャングリ・ラ マクタン リゾート&スパ セブ(2010年)

2012年の実施内容:

 
• 2012年末に32のホテルがOHSA を取得
• 2012年のFLS 合格レートは87%
• 2012年のシャングリ・ラ食品安全管理システム(HACCPに基づく)は、平均89%のスコア

35

2012年末までにOHSA18001の認定を受けます