主な取り組み

1つの家族として成長

心からのおもてなしは一つひとつの笑顔やしぐさから伝わります。スタッフは質の高いサービスや心地よさを提供するうえで、シャングリ・ラの大切なパートナーであり、シャングリ・ラはスタッフを常に公平に尊厳をもって遇します。スタッフの成長を促し、個人的な目標や業務上の目標へ向けて意欲を引き出す環境づくりをしています。

シャングリ・ラはシャングリ・ラ ファミリーの一員として職場内での多様性を認め、意欲あるあらゆるスタッフに平等な機会を提供します。職場での違法な振る舞い、差別、脅迫、ハラスメント行為は行わず、これを許しません。全部署には、国連グローバル・コンパクトへの加盟者としてコミットメントに沿った地域で規定されている以上の適切な研修を用意しています。 

また、地域社会全体の生活向上に貢献するため、スタッフの現地採用を重視しています。シャングリ・ラが運営を行うすべての地域社会において障がいを持つ人々を採用するよう目指しています。2012年には全ホテルスタッフのうち障がいを持つ人々の採用率を2%と目標を定め、2012年度末の結果、グループ内では1.6%、中国内のホテルでは1.98%を達成しました。

95
%

シャングリ・ラ社員がCSR活動に好意的に対応しています


1.6
%

社員が障がいを持つ人々(PWD)です


89
%

全ホテルの従業員数に対し各国の現地住民が占める割合