企業の社会的責任

地球にやさしいラグジュアリー

シャングリ・ラ ホテルズ&リゾーツでは、「サステナビリティ(持続可能性)」という大きな目標を達成するため、環境問題、健康と安全、スタッフ、サプライヤー、ステークホルダーという5つの分野での取り組みを通じて、企業の社会的責任を果たしています。 

ステークホルダーの皆様の成長を促し、スタッフの意欲を引き出す魅力ある職場作りを推進し、ビジネスパートナーとの健全な関係を保ち、地域社会と協調しながら、将来の発展を目指します。

当グループでは、UNグローバルコンパクトの方針に対する達成内容を示す4回目のCommunication on Progress 「コミュニケーション オン プログレス」資料を発表しました。

シャングリ・ラ アジア リミテッドは、2011~2012年のシャングリ・ラの営業年度に関する2回目の報告書となる2012 Sustainability Report 「2012年サステナビリティレポート」を発表いたしました。本レポートは、GRI 第3版ガイドライン (GRI G3.1) に基づいており、レベルBを達成するために、GRI によって確認されています。

プロジェクト

シャングリ・ラの人々への支援プロジェクト

人々への支援プロジェクトのロゴマークには他者を温かく包みこむ気持ちを込めてハートのマークが採用されています。

詳細
シャングリ・ラの自然保護プロジェクト

自然保護プロジェクトのマークは、生き生きとした生物多様性のシンボルである蝶を4つの指紋で表しています。

詳細

サステナビリティの手形のマークは、社会的責任を果たすべく手を挙げたシャングリ・ラの強い決意を表しています。

DJSI_Member_Logo  

シャングリ・ラ ホテルズ&リゾーツは、アジア・太平洋地域内で指数構成に含まれる唯一のホテルグループとして、社会的責任投資の世界的指数であるDow Jones Sustainability Indices (DJSI) によって評価されております。世界の旅行・観光分野内で持続維持可能な運営やリーダーシップの役割へ向けたシャングリ・ラの継続的な取り組みの証とも言えます。