サンクチュアリ

シャングリ・ラ 自然保護プロジェクト

シャングリ・ラ ボラカイ リゾート&スパ

自然との共存は自然環境保護のカギ

当グループは生物多様性の保全へのコミットメントに沿い、シャングリ・ラの自然保護プロジェクトを立ち上げました。

シャングリ・ラ ボラカイ リゾート&スパのエコセンターでは、ゲストの皆様がボラカイ島に生息する動植物に関する情報を学ぶことができます。リゾートはまた、ボラカイ島に生息し、絶滅の危機にひんしているフルーツコウモリの生息環境の保護活動を行っている非営利団体のフレンズ オブ ザ フライング フォクシス(Friends of the Flying Foxes) を支援しています。

また、プライベートビーチフロントから海までの数メートルのエリアでは、海洋保護区復興プロジェクトを実施しています。海洋生物やサンゴ礁の再成長を促進するため、人口のサンゴ礁を水底に配置しています。リゾートでは常時、ゲストのお客様や従業員に週1回実施されるビーチの清掃に参加してもらっています。

シャングリ・ラ ボラカイ リゾート&スパは地域社会の力添えとしての役割を果たせるよう、エコセンターでのボラカイ島の織物工芸品の製作担当として先住民を採用することで、先住民族のアティ族の支援を行っています。収益金は、アティの地域社会の生活基金に寄付しています。