エンブレイス

シャングリ・ラ ホテル クアラルンプールによるギフト・オブ・ライフ

シャングリ・ラ ホテル クアラルンプール

シャングリ・ラ ホテル クアラルンプールが27年間にわたり「ギフト・オブ・ライフ」プログラムを通じて集めた寄付金はRM 3百万を超え、心臓の手術や人工装具、車いすなど社会経済的背景が十分ではない子供達200人以上を支援しています。

付加的なプロジェクトには、クアラルンプール総合病院の小児科病棟の改築、セルダンとセジャーテラスリセティア老人ホームへの金銭的支援と改築、洪水で犠牲になった方々や児童養護施設への寄付などが含まれています。

生命を救う心臓手術

ホテルでは毎年、心臓病に悩み、生命を救う迅速な手術を必要としている厳選された子供達に金銭的支援を提供するために募金イベントを開催しています。2012年には、ホテルは、RM 77,300 を募り、8名の子供達の先天性の心臓手術や5名の人工装具の支援をおこないました。

ノル・ファティハの人工装具

1997年、3歳だったノル・ファティハは、緊急に義肢を必要としていました。ホテルはノル・ファティハを養子に受け入れ、最初の義肢手術のためにRM 30,000 を募りました。その後、ホテルは5年に1回、義肢手術の資金的後援を行っています。ノル・ファティハは現在までに、3回の義肢手術を経験しています。

最新ニュース

2012年5月15日、ホテルはHK$312,448.60 (RM127, 800) を緊急手術や義肢を必要とする5名の子供達に寄付しました。子供達の肉親や医師、定期的な訪問によるフォローを続け、両親達の進展を追跡する予定です。

参加しませんか

「ギフト・オブ・ライフ」慈善基金に寄付し、子供達を支援することができます。
詳細につきましては、電話: (60 3) 2074 3586、またはEメール: slkl-pr@shangri-la.com までお問合せください。