エンブレイス

シャングリ・ラ ホテル チェンマイがワットラントン学校に改善された施設を提供

シャングリ・ラ ホテル チェンマイ

ワットラントン学校は、チェンマイのサンカムペーン郡のタンボンフアイツァイのヴィレッジ3にあります。周辺の8つの村に住む生徒達に基礎教育を提供しています。年齢に適した基礎教育を受けるには、寺子屋で勉強せざるをえない貧しい家庭に育つ1年生から9年生までの144名の生徒が在籍しています。 

地域は貧困にもかかわらず、学校には校舎や食堂、生活協同組合小売店があります。これらの施設はすべて破損しており、特に電気配線は乱雑で、学習を促す環境ではありませんでした。 

子供達の勉学は重要であるため、シャングリ・ラ ホテル チェンマイのマネジメントは、完全に新しい施設を提供する長期の高品質社会開発方針を立て、学校の電気配線を改築することで、環境を改善することを決断しました。

ホテルの社会・環境責任プロジェクト委員会やマネージャーやスタッフ、友人が、食堂や生活協同組合小売店、校舎の電気配線を改善するため、2016年9月20日に贈呈式を開催しました。 

ホテルは、Bt743,170 の予算とともに、プロジェクトに資金を提供しました。贈呈式では、チェンマイ初等教育エリア1副理事のオパチャット・ラタナイヤンヨンやワットラントン学校理事のチュサック・ニエムトン、学校の教師、生徒、保護者、村協議会が出席し、新しい施設を贈呈しました。子供達の笑顔で温かい雰囲気になりました。